32

#32 新しい家族の繋がりを手に入れたワーホリ

By whstory, 2013年10月29日


ワーホリ・ストーリー KYOKOさん

私のおじいちゃんはカナダ人です。

でも私は生まれも育ちも日本なので、
英語も話すことが出来ず、
カナダへ行ったこともありませんでした。

だから小さいときからカナダにすごく憧れがあって、
大学卒業を機にカナダへ行くことを決めました。

ビザをワーホリにした理由は、
時間をかけてしっかりした英語を身につけて、
おじいちゃんと色んなお話をしたかったからです。

だからカナダについてからは語学学校に3ヶ月間通い、
その後現地のレストランで少し仕事をしてお金を貯めながら
英語に慣れる生活をしていました。

実際におじいちゃんに会いに行ったのは、
カナダに来てから半年くらい経った頃。

初めて会った時の印象は、とても陽気で、とにかく大きい!でした。
初対面だったけど、ずっと昔から会いたかったと言ってくれ、すごく優しく接してくれました。

おじいちゃんとは色々な事を話しました!
カナダで半年生活していたけど私の英語はまだまだ片言で、
自分では全然ダメだと思っていました。

でも「たった半年でこんなに英語が喋れるようになるなんて、
本当に頑張ったんだね。こんな孫がいて、私も誇らしい。」
と言ってもらえて、なんだかすごく認められた気持ちになって、とても嬉しかったです。

今はワーホリを終えて日本に帰国しましたが、
おじいちゃんとは今も毎週のようにメールでやり取りをしています。
今度はおじいちゃんを日本に招待してあげたいです。

 

★☆ KYOKOさん、インタビューにお答え頂きありがとうございました! ☆★